経営管理とは

「経営管理」とは、どういう事を言うのか。
改めて、確認しましょう。

昨今、企業経営では色々な事を「管理」することが求められています。

その管理の対象を「単語」で洗い出すと、

  • 利益
  • キャッシュ
  • 資産
  • 人財
  • BCP(事業継続計画)
  • 情報セキュリティ
  • 研究開発
  •  :

上げれば限がありませんが、概ね、こんな感じではないでしょうか?

どれも大事です。しかし、全部を完璧に管理することは出来ません。
特に、中堅、中小企業には、全部を管理する人員がいません。

それでは、経営管理上、どれを優先して管理すべきなのでしょうか?

そうです。「利益」と「キャッシュ」です。

会社は「利益」と「キャッシュ」が無ければ、倒産してしまいます。

いくら良い製品、高品質、速い生産設備、安い価格でも、倒産しては意味がありません。

間違った経営管理

それでは「利益」と「キャッシュ」は、どのように管理すれば良いのでしょうか

「損益計算書」「資金繰り表」は間違いです。

「管理」とは、”現状を正しく把握し、改善、改革のアクションに繋げる”ことです。

「損益計算書」「資金繰り表」 では、悪化の結果は分かりますが、その要因と対策のアクションが打てません。

そもそも「損益計算書」では、会社の現状を正しく把握できません。

[記事]会社経営の間違った利益(問題編)

正しい経営管理

「利益」の管理

「経営管理」の最優先は、「管理会計」で「原価計算」を行う事です。

  1. 会社の現状把握として、製品別損益から、製品、商品毎の正しい利益を把握します。
  2. 売上の単価設定、見積りの段階で、利益を確実にします。
  3. 赤字の製品は、改善、投資を行います。

詳細は、下の記事をご覧ください。

[記事]「儲かる原価計算」は「経営改善」

これで、「利益」を管理できる事が分かったと思います。

「キャッシュ」の管理

さて、「キャッシュ」の管理はどうするのか、です。

「キャッシュ」の最終管理は「資金繰り表」で行います。

しかし、普段の管理で「キャッシュ」の増減を管理する必要があります。

これも「儲かる原価計算」で管理できます。

「儲かる原価計算」の「利益」は、損益計算書と異なり、「キャッシュ」の動きに近い利益です。

これは「経済耐用年数」を使用しているからです。

経営管理には、「儲かる原価計算」の理論と、それを実現するツールが必要です。

シェアする
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)