原価計算の必要性

なぜ、原価計算が必要か?

原価計算」を行わないと

  • 儲からないからです
  • 利益が出ないからです
  • 倒産のリスクが高いからです

「原価計算」をやらずに、

  • 儲かっている
  • 利益が出ている
  • 内部留保を蓄えてきた

というのは偶然です。

その「損益計算書」の利益、キャッシュは偶然の産物です。

会社経営、事業部経営が偶然でよろしいのでしょうか?

「製品別」に捉える

業績を管理する指標に「利益」があります。
また、当然ですが「儲ける」ためには「利益」が必要です。

その「利益」を、「損益計算書」の「利益」や「事業別損益」だけで捉えていては、その利益、赤字要因が分かりません。

なぜ、黒字か? 儲かったのか?
なぜ、赤字になったのか?
追及しない限り、翌年度、翌月の利益は偶然を待つしかありません。神頼みと同じです。
従って、利益、損益内訳、明細レベルで捉える必要があります。
その方法が原価計算で、「製品別原価」を算出し「製品別損益」で、利益、赤字要因を追及します。
(製品別は、「商品別」「サービス別」と自社の状況に合わせて、読み替えてください)

要因の追及には

●どの製品で、幾ら利益が出たのか。
利益率の高い製品は、さらに拡販へ ⇒ 営業戦略

●どの製品で、幾ら赤字になったのか。
見積りの時点で、安売りしたのか? ⇒ 見積り改善
それとも、原価が高くなったのか? ⇒ 原価低減

など、要因により、対策がまるで異なります

事例で理解を深める

上記の事を事例で説明します。

会社、事業部の利益:100万円の場合

○○年度の損益計算書(損益表)

売上額: 5900百万円
製造原価:5800百万円
営業利益:100百万円

これを、製品別に捉えると、下表のようになります。
(売上 - 原価 = 利益)

製品名 売上高 製品別原価 製品別損益
消しゴム-A  2000 1800 200
消しゴム-B  1900 2000 -100
消しゴム-C  2000 2000 0
 合 計  5900 5800 100

この場合(損益状況)ですと、対策は下記のようになります。

  • 消しゴム-Aは、もっと拡販します。
  • 消しゴム-Bは、安売りの可能性から、見積りを改善します。
  • 消しゴム-Cは、原価低減に向け、現場改善を行います。
「原価計算」の重要性、「製品別原価」「製品別損益」の必要性が、お分かりいただけたと思います。

続きがあります

更に、「製品別原価」は「工程別」に捉えて、算出します。

例えば、消しゴムの「生産工程」は

材料をまぜる ⇒ 結合 ⇒ カタチをつくる ⇒ 切る ⇒ 包装

だそうです。

この工程の「工程別」原価を事例で説明します。

製品名 生産工程 原価合計
材料を
まぜる
結合 カタチ
をつくる
切る 包装
消しゴム-B 10円 10円 30円 20円 10円 80円
消しゴム-C 10円 10円 10円 40円 10円 80円

消しゴム-Bと消しゴム-Cで、最終の原価は同じ(80円)でも、

消しゴム-Bを生産する場合は、「カタチをつくる」工程

消しゴム-Cを生産する場合は、「切る」工程

で、原価が多く掛かっていますので、改善する工程も異なります

このように、原価は「工程別」「製品別」に捉えます。

まとめ

原価計算は、工程別に費用を集計し、その製品をつくる(完成する)のに、幾ら掛かるのか、掛かったのかを、明らかにすることです。(製品別原価)

そして、その製品の原価「製品別原価」が分かるので、「製品別損益」が分かります。

利益、損益の内訳、明細である「製品別損益」から、戦略、改善を実施します。

利益、儲けが偶然ではなくなるため、「儲け続ける」ことが出来るようになります。

シェアする
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)