儲かる原価計算

「儲かる」の意味

「儲かる」「儲ける」とは、

自由に使える「お金」「現金・預金」「キャッシュ」が増える

ことです。

損益計算書の「営業利益」「経常利益」増えることではありません

ましてや、売上や在庫が増えることでもありません

それは、

損益計算書の「利益」は会社の現状を表していません重要

黒字倒産もあります。
(利益が出ていても支払ができない。勘定合って、銭足らず。)

「儲かる」ためには

それでは、「儲かる」ため「お金を増やす」ためには、どうすればいいのか?

1.原価計算をする

2.改善する

です。

もう少し詳しく

1.「原価計算」を行い、現状を捉える。(問題が見える)

2.前項1の結果を見て、

設備投資の判断を正しく行う

売上価格を戦略的に改定する(限界利益)

●原価が高い工程を改善する

等々

まず、1で現状を捉える。ちゃんと、自社の実力を把握する(現状把握)

病気で言えば、体の悪い所を把握する。でないと、治療できません

そして、「お金を増やす」ために、前項2の「経営改善」と「現場改善」を実施します。

尚、「お金を増やす」「利益を増やす」ためには「在庫削減」も重要です。

ちなみに、「トヨタ」も特に「在庫」を重要視しています。
そのための「かんばん方式」でもあります。
この辺の「トヨタ生産方式」「TPS」「かんばん方式」についても、追々、解説します。

本サイトでは、この原価計算改善のための理論理屈と、それを実現するための仕組み、ツールを提供します。

また、本サイトの「原価計算」を一般的な原価計算と区別するために

儲かる原価計算

名付けました。

「儲かる原価計算」の内容

「儲かる原価計算」の説明です。

「儲かる原価計算」の誕生

「儲かる原価計算」の概要

「儲かる実際原価計算」

「儲かる標準原価計算」

「儲かる見積原価計算」

「儲かる改善」

上記の「儲かる原価計算」実際の実務で活用するための商品は、商品のご案内をご覧ください。

「儲かる原価計算」は無料で始めることができます。

シェアする
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)