「儲からない」3つの理由

会社、組織が「儲からない」には、ちゃんと「理由」があります。

自分の会社、組織が何故、儲からないのか、何故、利益が出ているのか、その理由が答えられますか?

その「理由」は、下記の3つです。3つすべてか、この中のどれかです。

1.見積り、価格決定の段階で、既に赤字で売っている

2.会社の実状、実態に合った営業利益を把握していない

3.設備、雇用への投資の段階で、既に赤字が決まっている

どれも、会社経営にはとても大事です最重要案件です。

でも、

 なんとなく気付いているけど..

 どうして良いか分からない。

 税理士や商工会に相談しても分からない。

 分かってはいるけど、ツールが無い。

1.見積り、価格決定の段階で、既に赤字で売っている

会社はお客様から注文を獲得するために、売上価格を見積り、見積書としてお客様に提出します。

見事、注文を獲得すれば、売上の都度、利益が増えて儲かります。

しかし、「どんぶり勘定」の会社は、売れば売るほど、赤字が増えているかもしれません。

見積り、販売価格を決定した時点で、実は、赤字が確定しています。

私は、その実態を多くの会社で見てきました。

「標準原価計算を行っていない」または「標準原価計算が間違っている」会社は、売れば売るほど、赤字かもしれません。存続の危機

関連記事

みんな「どんぶり勘定」です。安心か、チャンスか!!

「儲かる見積原価計算」の重要性

2.会社の実状、実態に合った「営業利益」を把握していない

当然ですが、会社の経営は順調か? 儲かっているのか? を判断して、対策しないと倒産してしまいます。

この判断を「損益計算書の利益」で行っていると、判断を誤ってしまいます。

何故なら、「損益計算書の利益」は、会社の現状、実状、実態を表していません

利益が出ているつもりでも、実は、赤字かもしれません。

関連記事

損益計算書(P/L)は経営に使用できない。使用してはいけない?

会社経営の「間違った利益」問題編

3.設備、雇用への投資の段階で、既に赤字が決まっている

会社は色々な理由で、必ず、設備や人員に投資をします。

しかも、それらの投資は、年間500万円、15年間で10億円などと、高額です。大変、大きな支出です。

単純に考えると、そんな大きなお金は、怖くて払えません。

しかし、「会社のお金」だからと、勇気を出して投資します。

困ったことに、変な「勇気」だけで、投資の前に、投資を決定する前に「儲かるのか」を、ちゃんと計算していません。

古くなった設備を、どの仕様の設備にすれば、損しないのか?
人の作業と自働化では、どっちが儲かるのか?
パートと多関節ロボットでは、どっちが儲かるのか?

ちゃんと計算しないで決めていませんか?

それでは、設備や人員への投資を決定した時点で、損失、赤字が確定しています。

解決策は

当サイトには、上の課題、最重要案件に対する、明確な解決策があります。

更に、解決策を実行に移す、理論、方法、手順、ツールがあります。

シェアする
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)