「儲かる標準原価計算」

標準原価」は経営に必須ツールです。経営基盤の強化

どんな仕事でも「標準」が基本です。

仕事は、標準書として現状の業務を整理し、改善ポイントが無いか、常に考えながら仕事をします。

「儲かる標準原価計算」は文字通り、原価の標準です。

原価の改善ポイントがどこか、金額で捉えます。

そして、改善して、儲かります

自社の標準的な原価が分かる

●この製品は「幾らで作ればいいのか?」「幾らで作れるはず」を解決します。

●見積書の提示にて、「いくらなら利益を確保できるのか?」受注獲得に向けて「いくらまでなら値引きしてもいいのか?(限界利益)」が分かる。

●市場価格、競合相手の価格と比較し、勝つための改善ポイントを分析できる。

目標原価として、全社の原価低減目標、改善目標を設定できる。(改善の活性化)

●設備投資、人員雇用の前に、原価をシミュレーションし、その投資で儲かるのかを判断できる。

「儲かる標準原価計算」の詳しい説明

「儲かる標準原価計算」の必要性

「儲かる標準原価計算」の基本

「儲かる標準原価計算」設備費の算出

「儲かる標準原価計算」労務費の算出

「儲かる標準原価計算」のご購入はこちらです。

シェアする
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)