スループット会計 活用事例

スループット会計の「活用事例」をご紹介します。

あらゆるビジネスシーン、経営判断、意思決定に活用できます。

皆さんの会社、工場では、どの工程を改善して、どの工程は改善しなくても良い、と決めていますか?

皆さんの会社、多くの会社は、改善とは言え、使えるお金は限られています。

しかも、その改善で、どれだけ利益やキャッシュが増えるのか、やってみないと分かりませんね。

多分、改善を実施した後でも、利益やキャッシュが増えたのか、減ったのか、分からないと思います。

儲かるスループット会計なら、事前に、利益やキャッシュがどうなるのか、シミュレーションできます。

儲かるスループット会計には、このページでご紹介する事例が収録されています。

A.工程改善

営業の努力により、受注が現在の600個から800個に増えそうです。

さて、貴社ではこのような時に、その受注を受けるのか、どうやって判断していますか?

その受注を受けても、納期に間に合うように出荷できるのか、工程を改善すれば大丈夫なのか、判断しなければなりません。

儲かるスループット会計 には、具体的な数字を使用した事例が収録されています。

この事例では、どの工程を、どこまで、どのように改善したのか、分かります。
また、改善しなくても良い工程も分かるようになっています。

B.投資改善

会社の儲け、利益の最大化に向け、設備投資や費用を掛けた設備改善を行うことは、よくあります。

お金を掛けて加工時間を短縮する改善に対して、その投資や追加費用で本当に儲かるの
か、利益は増えるのか、お金を掛けて投資する前に正しい判断を行う、投資意思決定の事例です。

生産技術部より、ある製品の加工時間を現在の7分から5分に2分短縮できる改善の提案がありました。

しかし、その改善には、30,000,000円の設備改造の投資が必要ということです。

あなたなら、その改善を行いますか? その改善にお金を使いますか?

儲かるスループット会計 には、この事例を具体的な数字で検討した内容が、収録されています。

「30,000,000円の 投資で、2分短縮」は儲かるのか、明確な答えから、正しい経営判断、意思決定が可能となります。

C.材料変更

会社の儲け、利益の最大化に向け、材料の変更を検討することがあります。

材料の価格は高くなるが、加工時間が短縮する改善に対して、その材料変更で本当に儲
かるのか、利益は増えるのか、お金を払って設計変更する前に、正しい判断に向けた意思決定の事例です。

開発部から、材料変更の提案がありました。

現在の3000 円の材料から、3800 円の(低硬度材)材料に変更することで、加工時間が6分から4 分に2 分短縮するという提案です。(硬度が低くなる分、早く加工できる)

さて、あなたなら、どうしますか?

儲かるスループット会計 には、この事例を具体的な数字で検討した内容が、収録されています。

「材料費800 円増加で、 2分短縮」は儲かるのか、明確な答えから、正しい経営判断、意思決定が可能となります。

シェアする
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)