金型、治具の原価、価格の算出方法

皆さんの会社では、金型、治具をどのように手配していますか?

自社で内製、金型屋から製作購入、客先からの支給など、色々ですね。

この金型、治具の製作に掛かる費用、金型、治具を1個製作する場合の金型費、治具費は、ちゃんと正確に算出できていますか?

私の感覚では、9割以上の会社で、正確な計算が出来ていません

なぜか?

金型費、治具費の計算方法が分からないからです。

仮に分かっていたとしても、正確に計算しているつもりで、実は考え方を間違えています。または、どんぶり勘定です。

ここからは「金型費」を対象に説明しますが、「治具費」も同様です。

金型費は、その金型を自社で、どのように取り扱っているかで、見方が少し変わります。何れも、金型の原価を算出することが基本となります。

  • 自社で内製 ・・ 金型の内製原価(資産計上評価額)
  • 金型の製作会社 ・・ 金型の売上価格、販売価格
  • 金型を購入している場合 ・・ 金型の購入価格
  • 金型を支給している場合 ・・ 金型の支給価格

金型費を算出する場合に課題となるのが、量産品とは異なり

  • 受注生産の一品物だけど?
  • 一品物だから設計費をどのように計算するのか?
  • 金型製作工程の稼働率は60%だけど、費用の回収はどうする?
  • 金型はリシンクして再生使用するけど、その費用はどうする?

等々、量産品の原価計算とは異なる、「金型」特有の課題があります。

このような課題に対応しながら、金型費の原価は、

標準原価をベースに個別原価計算

で算出します。

算出式は以下のようになります。

金型原価(円/個) = 金型設計費材料費加工費

金型販売価格(円/個) = 金型原価一般管理販売費利益

金型原価で、最も重要で面倒な「材料費」と「加工費」は、「儲かる標準原価計算」を使用して算出します。下記のリンクをご覧ください。

金型費は特に、上記リンクの「加工費」「工程加工費」をクリアすることが第一関門です。

CAD/CAM連動のマシニングセンター、放電加工機、手仕上げなど、工程別に費用を集計し、工程加工費として計算します。

今すぐ儲かる標準原価計算」で、金型費の「加工費」を算出する

「儲かる標準原価計算」で加工費を算出する際に、「金型製作工程の稼働率」の課題に対応します。

金型製作工程は量産工程と異なり、毎日、朝から晩まで8時間、金型を製作しているとは限りません。ほぼ毎日製作し、90%以上の稼働率の場合は、読み飛ばして構いません。

「儲かる標準原価計算」で「工程加工費」を算出する際に、各工程の「標準稼働率」を、実際の稼働率(60%など)に設定して算出します。

そうすることで、足りない稼働率(30%など)の加工費分を回収するために、レートを高く算出することができます。

但し、稼働率60%の金型費では、コスト競争力がありません。よって、金型製作の受注数を増やし、稼働率を上げることが真の課題で、他社の金型加工も承るなど、受注活動が具体的なアクションプランになるかもしれませんね。

今回は、ここまで。

その他、「金型設計費」や「課題への対応」については、次回に記載します。

金型費のサンプル見積書を、以下より無料でダウンロードできます。

[金型費]儲かる見積原価計算書(事例) PDF(35KB)

シェアする
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)