「儲かる見積原価計算」利益の計算

さて、見積り価格は、以下の計算式で算出します。

価格 = 材料費 + 加工費 + 一般管理販売費利益

それでは、利益の「算出式」を記載します。

利益(円/個)=

加工費(円/個) + 一般管理販売費(円/個) × 利益率(%)

利益は、加工費と一般管理販売費を加算した付加価値額に対する率(%)にて算出します。

付加価値額 = 加工費 + 一般管理販売費

よって、加工費と一般管理販売費=付加価値額が多く(少なく)なると、利益も多く(少なく)なります。

「加工費の計算」については、「儲かる見積原価計算」の「加工費の計算」をご覧ください。

「一般管理販売費の計算」については、「儲かる見積原価計算」の「一般管理販売費の計算」をご覧ください。

この見積りでの「利益」は、損益計算書の「営業利益」と同じ事を示します。

以下にて、利益率(%)について、説明します。

利益率

利益率は、一般管理販売費率のように、何かをベースに計算して求めるものではありません。

社長や役員の意思で決めます。

業界や競合、お客様との慣習で、決まることが多いと思います。

中小企業が見積書に記載する利益率は、私の経験や統計などから、3%~7%くらいです。

「くどい」ようですが、見積書の「利益率」は、損益計算書の「営業利益」を稼いでいることと同じになります。

今すぐ儲かる見積原価計算」を始める

「儲かる見積原価計算」の説明は以上です。

引き続き、儲かる実際原価計算」「儲かる標準原価計算もご覧ください。

シェアする
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)