原価計算の計算手続き③

原価計算の計算方法として、「計算の手続き」を説明します。

「その③」です。「その②」はこちらです。

「原価計算」とは、会社で生産している製品1個の原価を計算することです。

原価計算は、「原価費目 ⇒ 部門 ⇒ 工程 ⇒ 製品」という流れで、集計、計算します。

4.製品別原価計算

今回が計算手続きの最終です。

前回の工程別に集計、配賦した費用を基に、製品1個の原価を計算する「製品別原価計算」です。

簡単に言うと、「工程別原価計算」 の金額を、その工程で生産した生産品目の生産数で、各製品に割り振ります。
多く生産した製品には、多くの費用を割り振ります。

 前回の(例)より、全社の製造原価が、380,000,000円の時に、工程別の原価が下表のように計算されています。
工程 製造原価
NC旋盤① 225,800,000円
NC旋盤② 154,200,000円
合 計 380,000,000円

各工程で、製品Aと製品Bを生産した場合の原価計算は、下表のようになります。

工程 工程別原価 製品 生産数 製造原価
NC旋盤① 225,800,000円 製品A 500,000個 451.60円
NC旋盤② 154,200,000円 製品B 300,000個 514.00円

これで、製品1個の原価が計算できました。

原価計算の計算手続きの説明は、以上です。

いかがですか? 原価計算の基本、大枠は、理解できたでしょうか。

これを基本に、本サイトの実務で使える儲かる原価計算」を実践しましょう。

補足

原価計算は、会社の利益や赤字の内訳、要因を捉え、改善するために行います。

参考リンク  原価計算の必要性

原価計算の種類

原価計算の種類」で説明したように、原価計算には種類がありますが、「計算手続き」は変わりません。

原価計算の種類で変わるのは、計算をする時に、”どの数字を使用するか” です。

具体的には、全社、部門別の原価集計表や生産数に実績値を使用した場合は、「実際原価計算」になりますし、標準的な値見込みの数字を使用した場合は、「標準原価計算」や「見積原価計算」になります。

この実績値には、損益計算書や生産実績、標準的や見込みの数字には、予算を使用して算出する場合もあります。(これを「予算管理」と言います)

シェアする
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)