「儲かる実際原価計算」の計算事例

このページの内容

はじめに

「儲かる原価計算」は、「工程別・製品別 原価計算」です。

発生した費用を、「工程」に集約、配賦し、その工程で生産した「製品」に費用を割り振る。

という方法で算出します。

今すぐ儲かる実際原価計算」を見てみる

以下の計算例は、会社に2つの工程(NC旋盤が2台など)がある場合の[例]です。
冒頭で説明したように、「工程別 ⇒ 製品別」の順に、原価を計算します。

ある年の会社の損益(損益計算書)が、下表の場合を例に、実際原価の計算を説明します。

原価計算の対象、周期は、今回は「年間」を例に説明しますが、「月間」でも同じ要領です。

20○○年度 <年間> 全社損益

 勘定科目  金額(円)
売上高 18,000,000
材料費  (省略)
労務費  12,000,000
 :  (省略)
減価償却費  4,000,000
 :  (省略)
販売費及び一般管理費 1,200,000
営業利益 800,000

1.工程別原価計算

全社の費用を、各工程に集約、配賦します。

今回は、説明を簡単にするために、2つの原価費目のみで、他の費目は省略しています。

実際の実務では、”「原価費目」毎に、どのように工程に配賦するのか”が、ポイントになります。追々、説明します。

[円/年間(又は月間)]

原価費目 NC-101 NC-102 合計
[直接]労務費 6,000,000 6,000,000 12,000,000
[直接]減価償却費 1,000,000 3,000,000 4,000,000
[直接]電力費 (省略) (省略)  (省略)
製造間接費 (省略) (省略)  (省略)
 :
合計(工程別原価 7,000,000 9,000,000 16,000,000

2.製品別原価計算

事例ですので、工程「NC-101」に絞って、製品別原価計算を説明します。
「NC-102」も同じ要領です。

工程の「NC-101」で、製品「X001」と「Y002」の2つの製品を生産した場合の製品別原価計算です。

「NC-101」の工程別原価(7,000,000円)を、製品「X001」と「Y002」に割り振ります。

ボイントは「配賦基準値」で、各製品の「標準時間」と「生産数量」を掛けた値(配賦基準値)を使って、その割合(構成比)から、製品「X001」と「Y002」に割り振ります。
製品の生産、加工に、”掛かる時間が長く、数量を多く生産した製品に、多くの費用、原価が掛かる” という考え方です。

製品「X001」の原価計算

事例ですので、製品「X001」に絞って、「個あたり原価」の計算を説明します。
「Y002」も同じ要領です。

配賦基準値 = 標準時間 × 生産数量
100000 = 100 × 1000

年間原価 = (X001の配賦基準値 ÷ 配賦基準値の合計) × NC-101の工程別原価
5,000,000 = (100000 ÷ 140000) × 7,000,000

個あたり原価 = 年間原価 ÷ 生産数量
5,000 = 5,000,000 ÷ 1,000

製品番号 標準時間
(秒)
生産数量
(個/年)
配賦基準値 年間原価
(円/年)
個あたり原価
(円/個)
X001 100 1,000 100000 5,000,000 5,000
Y002 20 2,000 40000 2,000,000 1,000
合計   3,000 140000  7,000,000  

尚、「NC-102」にて、製品「Z003」のみ(専用機)、9000個生産している場合には、下表のように、単純になります。

製品番号 標準時間 生産数量
(個/年)
配賦基準値 年間原価
(円/年)
個あたり原価
(円/個)
Z003 9,000 9,000,000 1,000

3.製品別損益

いよいよ、製品別の損益を計算します。

その前に「販売費及び一般管理費」(以降、販管費)を、各製品に配分します。
こちらは、単純に生産数量で配分します。

個あたり販管費(円/個) = 販管費(円/年) ÷ 生産数量(個/年)
100 = 1,200,000 ÷ 12,000

「利益 = 売上 - 原価 - 販管費」 ですので、以下のように、売上から差し引いて利益を算出します。

製品別の1個あたり損益

1個あたり(円/個)で、どの製品が、どれだけ儲かっているのか、分かります。

利益率の良くない、「X001」と「Z003」を改善する必要がありそうです。
特に、利益は多いが、利益率が悪い「X001」を優先して改善します。

製品番号 売上単価 個あたり
原価
個あたり
販管費
個あたり
利益
利益率
X001  5,250 5,000 100 150 2.9%
Y002  1,200 1,000 100 100 8.3%
Z003 1,150 1,000 100 50 4.3%

製品別の営業利益

前項の個あたりに、数量を掛けて「製品別の営業利益」を算出します。

前項では、”「X001」を優先して改善” と言いましたが、
「X001」と「Z003」で同じような改善なら、
生産数量の多い「Z003」を優先して改善します。

生産数量の多い方が、営業利益への貢献度が高いからです。

製品番号 生産数量 売上金額 原価額 販管費 営業利益 構成比
X001 1,000 5,250,000 5,000,000 100,000 150,000 18.8%
Y002 2,000 2,400,000 2,000,000 200,000 200,000 25.0%
Z003 9,000 10,350,000 9,000,000 900,000 450,000 56.2%
合計 12,000 18,000,000 16,000,000 1,200,000  800,000 100.0%

尚、上表の「営業利益」の合計(800,000円)は、上段の「損益計算書の営業利益」と一致します。

次のページ、「儲かる実際原価計算に必要な情報」もご覧ください。

今すぐ儲かる実際原価計算」を見てみる
シェアする
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)