商品:<無料で始める>一番簡単な原価損益計算ツール「First」

中小企業・個人事業向け
これ以上、簡単には出来ない、原価損益計算、経営管理ツール
「簡単に」戦略的な経営を始める
一番簡単な原価損益計算ツール
First Type-A・Type-B

とにかく「簡単に早く

自社の原価との利益を「製品毎」に計算

決算書から脱却し、戦略的な経営を始める

商品の「First」を無料お試し

算出例と説明書も付属

メールアドレスだけで、気軽にお試しいただけます

    5分後に、ダウンロード先のURLを記載したメールをお送りします。
    「迷惑メール」フォルダもご確認ください。

    こちらも、無料でお試し
    予算管理の決定版

    根拠のある予算を統計的に自動計算

    ダッシュボードとグラフで毎日、予実管理

    予算管理ツール「TARGET + DashBoard」

    トヨタ自動車でも実施の管理手法

    <プレスリリース> これ以上、簡単に出来ない原価損益計算ツールを発売しました。

    <雑誌への記事掲載>「製造業の戦略的価格決定策」「材料費を分解 6つの要素と算出式

    < パンフレット > 商品のパンフレットをダウンロードいただけます

    < ホワイトペーパー > お客様のお役に立てる情報があります

    商品の特徴

    これ以上、簡単には出来ない、原価損益計算、経営管理ツール

    一番簡単な
    原価損益計算

    原価計算、利益
    自動計算

    製品1個の原価
    を算出

    製品別の利益、
    客先別に損益
    を算出

    中小企業、
    個人事業
    にお勧め

    適用企業

    家族経営の個人事業、ネット販売、小売店、中小企業の商社や製造業、など

    適用業種

    金属製品、樹脂、ゴム、食品、繊維、木材、電気電子、機械器具製造、など

    適用工程

    切断、混錬、造粒、加熱、成形、旋削、溶接、表面処理、組立、蒸煮、充填、包装、小分け、検査、など

    原価が分かると、自社の実力、改善ポイントが見える

    自社の製品、商品は、幾らで販売すればいいのか、適正な販売価格が分かる

    赤字の製品、赤字の得意先が分かる ⇒ 選択と集中へ

    改善ポイント、どこに投資すれば良いのか分かる ⇒ 儲かる改善、投資へ

    決算書の利益(合計値)では一生、分からない営業利益の内訳、構造

    経営判断、経営戦略が変わる

    上記の内容を、具体的な算出例やグラフを無料でご覧いただけます

    メールアドレスだけで、気軽にお試しいただけます

    Excelの強み エクセルだから

    Excelだから
    手軽に導入

    Wi-FiやLANは
    必要ない

    計算式は自由に
    変更できる

    クラウドはソフト
    会社の撤退でデータ喪失

    原価計算の勉強
    、習得に最適

    原価計算、利益計算はExcelで。アプリは×

    ツールを無料お試し

    メールアドレスだけで、気軽にお試しいただけます

    算出例と説明書も付属

    本ツールは企業形態に応じて「Type-A」「Type-B」の2種類があります。

    「Type-A」と「Type-B」 の違いについて、こちらをクリックして、ご確認ください。

    一回のご購入で、 「Type-A」と「Type-B」 の両方をご利用いただけます。

    料金:880円(税込)/月

    ※「月単位での購入」だから、1ヶ月のみの購入でもOK
    ※ツールを使用しない月は、料金が掛かりません

    ココナラでも販売中

    商品の内容

    商品名称

    動作環境

    商品の一言説明


    商品の構成

    First Type-A・Type-B

    Microsoft Excel

    簡単に早く、製品1個の原価と利益、得意先別の利益を算出できます。

    ■First_説明書.pdf(35頁) ●説明書の目次を見てみる
    ■First.xlsm(1.2MB)
    ■First_算出例.xlsm(1.2MB)
    ■最初にお読みください.txt

    商品の画像

    原価計算、損益計算を気軽に相談したい

    忙しいから、原価計算を手伝って欲しい

    とにかく「簡単に早く」原価と利益を計算したい

    販売価格はどうやって計算する? 限界利益は?

    私と一緒に原価計算を完成させましょう。必ず、出来ます。

    販売価格の決定や設備投資の意思決定も、ご支援いたします。

    タイトルとURLをコピーしました