会社経営の「間違った利益」問題編

「利益」とは?

「利益」は、会社の「経営の状態、状況を表す数字」と思っていますよね。

会社が「儲かった」「儲からない」「赤字」「黒字」と言う場合に、それを数字で表したのが「利益」でしょうか。

もう少し、具体的に、この数字の「利益」とは、損益計算書の営業利益」や「経常利益」のことですね。

会社によっては、経営概況表などとして損益計算書をベースに、社員向けに「売上、費用、利益、利益率」で簡単に表現しているものもありますね。

間違った利益

損益計算書営業利益」「経常利益が、会社の実態、現状を表していない としたら、どうしますか?

今年は「1000万円の利益」、「100万円の赤字」と言っている「利益」が、実は、違っていたとしたら、どうしますか?

「儲かっている」と思っていたのに、「儲かっていない」。
反対に「儲かっていない」と思っていたら、「儲かっていた」。

多くの会社、ほとんどの会社で、この「間違った利益」を基に経営しています。

この「間違った利益を基に投資を行い、目標を決めて「みんなでがんばろう」と努力しています。

目標が違えば「努力が水の泡」どころか、「損失になっている」場合もあります。

これは大問題です。

その正体

「間違った利益」正体法定耐用年数」です。

利益 = 売上 ー 費用 ですね。

例えば、20万円 = 120万円 ー 100万円

費用の中に「減価償却費」があります。しかも、費用の中では、大きな金額で高い割合(構成比)を占めています。

減価償却費 = 固定資産の取得価格 ÷ 法定耐用年数 で求めます。

「耐用年数」は、固定資産を購入した費用を、購入した年だけではなく、固定資産を使用する期間(年数)に配分する役目を持っています。これはOK。

問題は「期間」です。

「減価償却費」を算出する、耐用年数の「期間」。

この「期間」は「年数」ですが、「法定耐用年数」として、税法で決まっています。

平等に法人税を算出するために、法律で決まっています。
国税庁の耐用年数表へのリンク

例えば、機械加工の設備の法定耐用年数は「10年」。

1000万円の設備を購入した場合の(毎年の)減価償却費は

毎年の減価償却費 100万円 = 1000万円 ÷ 10年

という具合です。

例えば、その場合の利益は

20万円 = 120万円 ー 100万円

11年目の減価償却費は「0円」です。

11年目の利益は、

120万円 = 120万円 ー 0万円

正体の正体

しかし、機械加工の設備を10年で買い替えますか?

そんな会社はありません

事実、15年、20年、25年と使っています。

使えるのに買い替えません。当然。

設備保全を、しっかりやって、使い倒します。

儲けるために。

実際の減価償却費は、

毎年の減価償却費 50万円 = 1000万円 ÷ 20年

例えば、その場合の利益は、

70万円 = 120万円 ー 50万円

21年目の利益も、21年目に設備を買い替えますので、

70万円 = 120万円 ー 50万円

この実際の使用年数を「経済耐用年数」と言います。

何が悪いのか

ここまでで、利益が「3つ」出てきました。

法定耐用年数」を使用した、損益計算書の利益は、

(1)1~10年目の利益は、20万円

(2)11年目以降の利益は、120万円

これでも十分、問題ですが、

経済耐用年数」を使用した利益は、

(3)いつでも、70万円

どれが事実で、正しいと思いますか?

利益が20万円だと知ると、

ムダな改善、必要のない投資をします。また、社員はあんなに頑張っているのに、なぜ、利益がでないのか? とやる気が無くなります。

利益が120万円だと知ると、

特別ボーナス、ゆるい改善になります。また、社員は楽勝だと安心して、改革を考えなくなります。

問題は事実、真実が見えていないことです。

現状をちゃんと捉えずに、どこを改善、何に投資すれば良いのでしょうか。

病院では、どこが悪いからこの治療、どこが良くなったから退院と、今の症状をちゃんと診察してから治療します

QCサークルやTPM活動、間接自工程完結では、「現状把握」から始めるのに、

経営では現状が見えていません

いや、間違って見えていることが、大問題です。

これでは、儲かるはずがありません

それでは、どうすれば良いのか? 答えは、

会社経営の「間違った利益」解決編

をご覧ください。

シェアする
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)