「儲かる改善」経営改善

「儲かる改善」には「経営改善」「現場改善」があります。

「経営改善」は経営者、経営層が行う改善です。

「経営改善」の最初の改善「儲かる原価計算」を導入することです。

商品:儲かる原価計算」を購入し、原価計算を実施することが、改善のスタートで、会社経営の「現状把握」です。

「経営改善」のポイント、「儲かる原価計算」の導入目的は、大きく、以下の5になります。

1.実力、実態の営業利益の把握

損益計算書の営業利益は、会社の実態、実力を表していません。

法定耐用年数で算出した減価償却費と利益は、実態と大きく、かけ離れています。

10年で設備を買い替えません。

黒字だと思ったら、実は赤字かもしれません。

2.商品、製品別損益による、改善対象の見える化

商品、製品毎に利益が見えます。赤字の商品、製品は早々に改善する必要があります。

改善には、「販売価格、売上単価の改善」と、「工程の改善」があります。

それぞれの改善を以下に説明します。

3.戦略的見積り価格の算出(限界利益の把握)

前項より、赤字の商品、製品の「赤字の原因」には、販売価格、売上単価が原価を下回っている「安売り」の可能性があります。

「儲かる原価計算」で製品別原価が分かりますので、販売価格、売上単価の値上げを行います。

市場やお客様との関係で、簡単に値上げできない場合には、「限界利益」と比較し、限界利益を下回っている場合には、生産、販売中止を検討します。

4.工程別原価による、改善ポイントの見える化

前項より、「赤字の原因」が、販売価格、売上単価ではない場合は、工程を改善するしかありません。

「儲かる原価計算」で工程別原価が分かりますので、工程内の何の費用が多いのか、改善できそうかを分析、検討し、直ぐに取り掛かります。

とかく、改善できそうな費用は、変動費の経費です。電力やガス、消耗費、修繕費などです。目標を決めて、対策し、実績を把握します。

5.設備投資の意思決定

設備が古い、最新設備は速い、生産量の増加、ロボットの導入、人員の追加雇用など、色々な理由で、設備や人に投資します。

この時に、この設備購入や人員雇用を行うと、原価と利益がどうなるのか? 購入、雇用の前に確認する必要があります。

例えば、2000万円の設備を購入し、入れ替えたトタンに赤字では、2000万円をドブに捨てたと同じです。

「儲かる原価計算」で、ちゃんと計算しないと、投資後の利益は分かりません。

投資による損益影響のシミュレーションです。

次の「儲かる現場改善」の現状把握もご覧ください。

シェアする
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)