原価計算の基本

「原価計算」とは

原価計算は、会社で扱っている商品、製品が1個(サービスなら1回)、幾らで出来ているか、幾ら費用が掛かっているか、を知ること(分かる)です。
これが、非常に大事です。

自動車1台の原価は200万円、付箋紙1個の原価は80円 など

原価が分かると、

自動車1台の利益は30万円、付箋紙1個の損益は-10円 など

改善ポイントが分かる、経営が計画的になる

この「原価計算」メニューからの階層では、原価計算の一般論、原理原則について、記載します。

一般論、原理原則と現実、実現性

ほとんどの会社で、原価計算、原価管理をやっていません。出来ていません。
上場企業や中堅企業でさえ、出来ていません。中小企業では尚更。

儲けるために必要なのに、なぜ、やらないのか

その理由も分かります。

  • そもそも、原価計算のやり方が分からない
  • 理論は勉強したけど、原価計算を実務に落とせない
  • 実務に落とすための道具が作れない
  • 道具を用意しても現場に展開できない
  • 現場を知らない、分からない

原価計算は、原価計算の理論以外に「会計」「工程」「標準時間」の3つが分からないと、できません。実現できません。
それぞれ範囲が広いですし、ある程度、ちゃんと勉強しないと理論は分かっても、実現できません。

しかし、大丈夫です

本サイトには実現するための「やり方」「道具」があります。「やり方」を理解して、「道具」を現場、工程に展開します。

管理会計、原価計算も範囲が広いですし、やり方も色々です。

本サイトでは、「一般的な」原価計算に留まらず、「儲ける」ため理論、手段、手法として

儲かる原価計算

をご紹介、ご提案します。

以下、グレー(灰色)表記は、掲載予定です。

原価計算の基本

以下より、原価計算の基本について、具体的に説明していきます。

原価計算の実務

  • 原価計算に必要な情報、データ(概要)
  • 材料費の管理
  • 労務費の管理(作業時間・人員配置)
  • 経費の管理(固定資産台帳・原単位管理)
  • 生産実績の管理(製品別生産数、不良数)
  • 標準時間の管理(段取時間・加工時間)
  • 原価計算の計算方法
シェアする
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)