「損益計算書」は今すぐ捨てろ

「損益計算書」は経営判断に使用できません。

損益計算書の「利益」は、会社の現状を表していないからです。

経営者、社員が一生懸命に働いた成果と、大きくかけ離れています。

[記事]会社経営の間違った利益「問題編」

それでは何故、会社の状態、儲かっているのか? を知るために「損益計算書」を使うのでしょうか?

それは、その会社には「損益計算書」以外に、「利益」を知る方法が無いからです。

本サイトには、 会社の状態、儲かっているのか を知る方法があります

本サイトには、そのための理論とツールがあります。

さて、本サイトの理論とツールは、一般的に管理会計と言います。

管理会計は、古来、「儲かっている会社」、「損益計算書が使用できないことを知っている会社」には、導入されています。

一方、「損益計算書」は「財務会計と言います。

ここで「財務会計」と「管理会計」の違いを下表にまとめてみました。

    財務会計    管理会計
目的損益計算書、貸借対照表、キャッシュフロー計算書などの財務表を外部の利害関係者に公開する会計情報、標準時間などを集計して、経営者や管理者の意思決定や管理に使用する
規則 外部の利害関係者 が他の会社と比較できるように集計、算出方法が決まっている決まったルールは無く、会社が自社の特性に合わせて集計、算出する
特徴集計、計算結果の正確さが求められる会社の現状を捉え、意思決定に使用できる情報

このように、損益計算書の「利益」は、会社の経営判断に使用できません

そもそも、会社の中には、工程やコストセンター、組織があります。
それらを単に合計しても、そこから何も見えてきません。

管理会計のメインは「原価計算」です。
費用、コストを発生した工程や組織の単位で集計して、利益を算出します。

今すぐ「損益計算書」は捨てて、本サイトのツールを導入しましょう。

シェアする
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)