「儲かる現場改善」経費の改善

儲かるための改善、次のテーマは経費です。

経費にも色々ありますが変動費の経費を対象に改善します。

変動経費

変動費とは生産量に応じて、増減する費用です。

例えば、電力費、ガス費、消耗工具費、補助材料費などです。

売上、生産数が変動=増える(減る)と、それに応じて増える(減る)費用です。

余談ですが、

代表的な変動費に「材料費」がありますが、今回は「経費」が対象です。
(材料費の管理は、別で記載します)

反対に「固定費」があります。代表的なものに「減価償却費」があります。売上、生産数が増減しても、減価償却費は変動せず、一定です。

それでは変動経費の改善は、どうすればいいのか

「経費 = 購入単価 × 購入数」です。

今回は、この「購入数」である、現場での「使用数」「使用量」の改善です。
(購入単価は日々、大きく変わりませんので)

簡単に言うと、ムダに使用していないかを監視し、ムダがあれば要因を調査し、改善します。

題して変動経費の原単位管理です。

「変動経費の原単位管理」の進め方

1.変動経費の対象品目(例えば、刃具の型番:101)を決めます。

2.刃具101の使用数を半年間、記録します。

3.刃具101を使用して加工する製品の生産数を半年間、記録します。

4.「使用数の合計」を「生産数の合計」で割ると、1個あたりの使用数が分かります。

この1個あたりの使用数を「原単位」と言います。

5.7か月目以降は、「刃具101」の目標数量を設定し、実績使用量との差から、改善を行います。

[例]刃具101の記録(2カ月分の場合)

実績月 良品生産数
(個)
刃具101の
使用数(本)
4月 100,000 1000
5月 150,000 1600
合計 250,000 2600

1個あたりの使用数(原単位)は

2600 ÷ 250000 = 0.01

です。

経費の目標設定

この1個あたりの使用数が、翌月以降の刃具101の「目標使用係数」になります。

この「目標使用係数」を使用して、目標数を決め、実績との差から悪化(良化)の要因を調査し、改善(横展開)を行います。

[例]「刃具101」の目標・実績管理

管理
対象
良品生産数
(個)
刃具101の
使用数(本)
刃具101の
目標使用数(本)
目標と
実績の差
10月 120,000 1300 1200 +100
11月 130,000 1280 1300 -20

「刃具101」の10月の目標使用数は、

目標使用数 = 良品生産数 × 目標使用係数

1200 = 120000 × 0.01

のように算出します。

経費の改善

上表の実績より、10月は目標1300本より、100本も多く使用していますので、その要因を調査し、対策を進めます。

反対に11月は、-20本の実績なので、改善されたと想定し、その改善策を同じようなライン、工程に横展開します。

上の例では、「刃具101」のみを対象にしていましたが、これを他の品目(変動経費)にも展します。

トヨタでは、軍手1個から管理していると言います。本当か嘘か分かりませんが、それだけ徹底した管理をしている、ということだと思います。

この変動経費の原単位管理は、数字で捉える目標管理なので、改善した事、やった事が数字で表れます。すると、

●作業者の改善意欲が向上し、会社の改善活動が活性化します。

●製品の品質、設備故障の予防保全にも繋がります。

●経費の予算管理にも使用できます。

ダウンロード

上記の内容を実務で実践する時に必要になるシートを、EXCELシートにて、無料ダウンロードできます。

EXCELシートは「変動経費の原単位管理シート.xlsx」で、記入例も付けてあります。

儲けるために、是非、ダウンロードを。

シェアする
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)