「儲かる原価計算」は「経営改善」

会社には「原価計算」が絶対、必要です。

原価計算が必要な理由は、各社、色々だと思いますが、原価計算の導入目的は「改善」です。それも「経営改善」です。

文字通り、経営を根幹から改善できます。

もちろん「現場改善」にも役に立ちますが、「経営改善」の方が、遥かに効果が大きいです。

会社経営に「損益計算書」では、成立しません。

以下の内容で困っている会社は儲かる原価計算で必ず、改善できます。

1.利益

どの商品、製品が儲かっていて、損しているのか、分からない。

2.見積り

売上価格、見積書の価格は、妥当なのか?
本当に儲かっているのか?
本当に回収が出来ているのか?
分からない。

3.投資意思決定

どの工程の原価が、高いのか? 悪化したのか?
どんな設備、どの工程に、投資すれば良いのか?
分からない。

解決策

ツールの儲かる原価計算は、これらの問題を解決します。

経営の根幹を改善できます。

しかも、低価格で。

安いだけじゃない「儲かる原価計算」

シェアする
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)