決算の利益に騙されるな。決算をやっても儲からない。儲かるためには..

多くの会社が、3月で締めて決算、9月で中間決算を行います。
(9月や12月などが決算の締めになる会社は、読み替えてください)

そうです。決算処理を行い、年間の利益や現在の資産を正しく計算するために連絡するのです。

利益を計算した結果は、経営者層や株主、従業員に報告する必要があるからです。
(別途、法人税の納税のために税金の計算も必要です)

さて、計算した利益は以下のように、報告、公開されます。
損益計算書や貸借対照表、キャッシュフロー計算書も報告されます。

  • 2018年度 営業利益 〇〇万円
  • 2018年度 営業利益率 〇%
  • 利益は前年比+〇%の増加

この報告された数字、「利益」は正しくありません。

この数字は会社の現状、現在の状態を正しく表していません。

多くの会社、あなたの会社も、そのような状態です。

その理由は、本サイトで訴え続けている「法定耐用年数」が原因です。

詳細は「会社経営の「間違った利益」問題編」をご覧ください。

経理が計算した「損益計算書の利益」が黒字でも、実態は赤字かもしれません。
反対に、赤字という報告でも、実態は黒字かもしれません。

更に、残念なことに、経理は正しいと思って、まじめに計算、報告しています。
自分たちの計算結果を微塵も疑わずに、計算、報告しています。

何故か?

 ・当サイトが推奨する「経済耐用年数」を知らない
 ・「経済耐用年数」を使用した原価計算のやり方が分からない
 ・原価計算の作業が大変なので、やる気がない

本サイトには、これらを解決、支援する原価計算のツール支援体制があります。

本サイトの「儲かる原価計算」は、

 ●耐用年数は経済、法定、別の年数でも問題ありません。

 ●原価計算は、ツールが自動で計算します。

 ●必要な情報をコピー&ペーストするだけで、1日で原価が計算できます。

更に、

 ●工程別に原価が計算できます。

 ●製品別に利益が計算できます。

 ●会社の「何処を」「何を」改善すれば良いのか、経営改善のポイントが見えてきます。

「儲かる」に貢献します。

今すぐ、「儲かる原価計算」を始めましょう。

書籍のご案内

この記事について、より詳しく記載した書籍も出版しています。

数字や事例で分かり易い内容です。是非、ご覧ください。

シェアする
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)