カルロスゴーン逮捕にみる「利益」「有価証券報告書」の真実

日産カルロス・ゴーンが逮捕された。

ご存じの通り「有価証券報告書」への虚偽記載。

ゴーンへの報酬額を少なく、記載した。

これは十分、逮捕に値すると思うが、それよりも、もっと大事な「虚偽」がある

合法的な虚偽

虚偽でも合法的な虚偽の記載がある。

ある意味、処罰されないから、こっちの方が「たちが悪い」

その虚偽とは、本サイトで訴え続けている

会社の利益は正しくない

「会社の間違った利益(問題編解決編)」

に関する「減価償却費の算出方法」です。

「減価償却費の算出方法」が正しくない。

「減価償却費の算出方法」が正しくないから、当然、利益も正しく算出できない。

その原因が「法定耐用年数」による減価償却費の算出です。

但し「法定耐用年数」は合法的には問題ない。

「経済耐用年数」は国際基準(IFRS)

しかし、それによって「減価償却費」「営業利益」の金額が、経営の実態に合っていないのは事実。

「間違った利益」を損益計算書、有価証券報告書、その他の業績報告書に記載して、株主や社員、銀行に報告している。

儲からない

その「営業利益」を見て、資金投資や経営方針、設備投資、役員報酬、社員の給料、賞与を決めている。

儲かる訳がない。

今すぐ、正すべきだ。

以下のように、言い訳する方もいるでしょう。

既に「経済耐用年数」で計算している。

本当に実態、実力の「経済耐用年数」になっているのか、工場で働いている社員に胸を張って言えるのか。

業績評価に「キャッシュフロー計算書」を使用しているから、問題ない。

「キャッシュフロー計算書」は会社の合計値。明細、内訳が分からないから、アクションに繋がらない。

解決策

解決策は「経済耐用年数を使用した原価計算」しかない。

本サイトの「儲かる原価計算」しかない。

「儲かる原価計算」の書籍を見てみる。
今だけ、発売記念価格で99円
シェアする
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)