経営には「経済耐用年数」が超重要

「耐用年数」により、会社の利益が大きく変わります

参考 耐用年数とは

耐用年数が短いと利益は少なく、反対に、耐用年数が長いと利益は多く算出されます。

「法定耐用年数」は、企業の実態に合っていません

「法定耐用年数」で算出された利益は、その会社の実際、実態の利益ではありません

会社、経営には「経済耐用年数」が必要です。

それでは、法律ではない「経済耐用年数」は「誰が、どうやって」決めるのでしょうか?

それは、経済耐用年数何に使用するのか、「経済耐用年数」の使用目的、用途から決めます。

経済耐用年数」の主な使用目的

1.会社の実際の利益を把握する

2.お客様からの受注獲得

3.投資案件の意思決定

どれも、経営には非常に重要です。

「経営とは」と質問されたときに、答えの上位にくる内容ですね。

ちなみに、会社経営の目的は「儲ける」「儲け続ける」ですね。

「利益」無くして、会社は存続できません

綺麗事ではありません。

それでは、各内容を簡単に説明します。

目的1:会社の実際の利益を把握する

「法定耐用年数」を使用した「損益計算書の営業利益」は、会社の実態を表していません

会社が順調なのか、特急で対策が必要なのか、分かりません。

それは「法定耐用年数」は、実際の設備の使用期間ではないからです。

例えば、NC旋盤の「法定耐用年数」は9年ですが、実際の現場では15年、20年間、使用します。これが企業の真の競争力でもあります。

「損益計算書の営業利益」で、経営判断してはいけません

それでは、どうすればいいのか?

正解は「経済耐用年数」を使用した原価計算が必要です。

詳細は、こちら

本当に黒字ですか? 会社の実際の利益を把握するには

をご覧ください。

目的2:お客様からの受注獲得

「法定耐用年数」を使用した「見積り」「見積書」では、お客様は買ってくれません

「法定耐用年数」で算出した見積り価格は「高い」からです。

いつまで経っても、お客様から受注できません。

待てよ。

そもそも、どうやって見積り価格を算出しているのか?

本当に儲かるように計算しているのか?

赤字見積り価格だったら、どうしますか?

それでは、どうすればいいのか?

正解は「経済耐用年数」を使用した原価計算が必要です。

詳細は、こちら

「本当に儲かる見積りですか? 儲かる「見積り」を作るためには」

をご覧ください。

目的3:投資案件の意思決定

生産設備の購入、人員の雇用(求人募集)で、利益は大丈夫なのか、儲かるのか、事前に把握していますか?

3000万円の設備購入、500万円(年間)の労務費増は、利益が減ります

でも、投資は必要ですね。

その投資、本当に必要ですか?

今、必要ですか? 1年後ではダメですか?

その投資で、いつから儲けが増えますか?

すぐに答えを出せない会社は、本当に投資する必要があるのか、分かっていません。

それでは、どうすればいいのか?

正解は「経済耐用年数を使用した原価計算が必要です。

私共では、経済耐用年数活用を強くお勧めします。

実際に経済耐用年数使用した算出例をご覧ください。

「プロセス産業」向けの算出例はこちらです。

シェアする
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)