本当に黒字ですか? 会社の実際の利益を把握するには

会社経営の目的は「儲ける」「儲け続ける」ですね。

「利益」無くして会社は存続できません。綺麗事ではありません。

参考 この記事は「経営には「経済耐用年数」が超重要」からリンクされています。

さて、会社の業績、経営状況はどうなのか?

順調なのか、特急で対策が必要なのか?

「法定耐用年数」を使用した「損益計算書の営業利益」では分かりません
「法定耐用年数」を使用して算出した営業利益は、実態を表していません

実は火の車で、すぐにでも対処する必要があるかもしれません。

すぐに経営の現状把握必要です。

現場改善のQCサークルや問題解決の「現状把握」と同じです。

病気で言う場合の「診察」が必要です。診察しないと治療できず病気は治りません。実は直ぐにでも、緊急手術が必要かもしれません。

現場には「現状把握」して「改善」しろ。というのに、多くの会社で経営の「現状把握」ができていません

経営の現状把握

会社の業績、経営状況を表す実際の利益を把握するためには経済耐用年数」を使用した「原価計算が必要です。

本サイトには「原価計算」の理論とツールがあります。

今すぐ儲かる実際原価計算を調べてみましょう。

今すぐ儲かる実際原価計算を始めましょう。

儲かる実際原価計算を導入すると、下図のように「実際の営業利益」が「製品別」に算出されます。

もちろん、品番別の営業利益を合計すると、「全社の営業利益」になりますので、こちらも自動で算出されます。

「実際の営業利益」の具体的な算出結果(サンプル)は「得意先・製品別損益」のようになります。

ただし社内には会社の業績を少し厳し目に伝え、

  • 危機感から改善を推進したい
  • 設備投資した資金を早く回収したい

などの場合には、経済耐用年数を短くして、利益を敢えて少なく表現した実績表を社内展開します。

よって、経済耐用年数を変えた原価計算を2回行い

  1. 実態の営業利益
  2. 社内展開用の営業利益

を算出します。

原価計算は何回も

本サイトのツール儲かる実際原価計算は、EXCELです。

「儲かる実際原価計算」のEXCELファイルをコピー&ペーストすれば、簡単に何回でも原価計算が可能です。

例えば、

  1. 経済耐用年数を実態の15年で原価計算し、実態の営業利益を把握する
  2. 「儲かる実際原価計算」のEXCELをコピー&ペースト
  3. 経済耐用年数を厳し目の10年に修正すると、原価計算は自動で行いますので、営業利益を社内展開する

のように簡単に自動で計算できます。

利益計画も簡単に

このような流れで、来年度の業績予測、利益計画も簡単にできます。

まず、前項の2のコピー&ペーストを行います。

ペーストした「儲かる実際原価計算」のEXCELシートに、

来年度の売上予測、設備投資計画、原材料の相場、経費予算、改善効果を加味した数字を入力します。

入力と同時に原価計算を自動で行いますので、来年度の[予測]営業利益が算出できます。

以上のように、通常は、原価計算は何回も行います

色んな角度から、経営を分析します。これを「経営のシミュレーション」といいます。

儲かる実際原価計算なら、何回でも簡単に、原価計算が可能です。

「経済耐用年数」を使用して、今すぐ、実際の利益を把握する必要があります。

経営の「現在」と「未来」が見えます。

シェアする
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)