その設備、ロボット、人員に投資して、儲かるのか?

投資の必要性

生産設備、自働化装置、多関節ロボットの購入、人材の新規雇用は、企業にとって大きな支出です。

安くても3百万円、高いと2億円以上する、設備もあります。

もしかすると、その投資で資金悪化に陥り、倒産の危機もあり得ます。

しかし、受注獲得や設備の老朽化で、生産設備を買わない訳にはいきません。

また、競合他社(国内外)に勝つためには、自働化、ロボット導入を進め、速くて安い、もの造りを推進しなくてはなりません。

中国は日本より、20%安い原価で生産しています。

今より、20%の原価低減は、相当、ハードルが高い。

その投資は儲かる?

さて、その必要な投資儲かるのでしょうか?

儲からない投資では、投資資金を回収できません。

回収できないと、どうなる?

(案件1)新規に人員を雇用

年間500万円の雇用に投資すると、残業が減って、生産数が増えるから、いくら儲かる

(案件2)新規に生産設備を購入

減価償却費が増えるが、マシンタイム、サイクルタイムが、10秒短縮され、いくら儲かる

(案件3)新規に多関節ロボットを購入

減価償却費が増えるが、人員が削減され、いくら儲かる

このように、高いお金を出して投資するからには、事前に、いくら儲かるのか、投資対効果をキチンと計算しなければなりません。

儲けるために

本当に儲かるのか? 資金の回収はできるのか?

この「投資対効果を計算するために、標準原価必要になります。

標準原価社内に無い会社は、「投資対効果」計算できていません

投資した時点で、資金を回収できない支出かもしれません。

くどいようですが、回収できないと、企業の存続に影響します。

今すぐ儲かる標準原価計算」を導入しましょう。

更なる効果、最大効果

さて、儲かる標準原価導入効果は、それだけではありまん

最新鋭の生産設備、自働化装置、多関節ロボットの導入により、安い原価で生産できると分かります。

すると、次回の見積書から、安い価格の見積りを提示し、

●新たな顧客の獲得

●新たな製品の受注

に可能性が広がります。

この「新規受注」は

企業にとって一番大事

■「儲かる標準原価」の「最大効果

です。

見積りには「儲かる見積原価計算」が必要です。
「儲かる原価計算」は、経営に必須のツールです。
シェアする
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)