会社と仕事の目的! それを達成するためには!

普段、皆さんは一生懸命に動いたり、考えたりして働いています。

それは手段です。

何のために、動いたり、考えたりして働いているのでしょうか。

改めて、会社と仕事の「目的」を考えてみましょう。

働くこと、そのすべての目的は「儲かる」ためです。

ここから先の内容は、出版している書籍にも記載しています。

書籍:儲からない3つの理由と解決策「儲かる原価」

会社は一度、起業したら「儲け続ける」必要があります。

儲からないと倒産してしまいます。

それなのに「儲かる」ために必要な基本的な事が分かっていません

「分かっていない」というより「知らない」という方が、正しいかもしれません。

もう少し具体的に言いますと、

  • そのライン、工程で生産している製品が儲かっているのか、損しているのか、分かっていません。
  • 販売している商品やサービスが、儲かっているのか、損しているのか、分かっていません。
  • あなたが儲かっていると思っている、その「利益」は実は正しくありません。
  • その「利益」は、会社の実情を表していません。
  • この事を社長も、部長も、課長も、社員全員が分かっていないし、知りません。
  • その価格、見積りでは、売れば売るほど、損しています。
  • その高額な設備投資、プロジェクトで本当に儲かるのか分かっていない。
  • 自社が「どんぶり勘定」に気づいていません。
  • 計算方法の間違いに気づいていません。
  • 損益計算書で利益を計算しても儲かりません。
  • 本人達は正しいと思ってやっています。
  • 間違っている、そのやり方を昔から続けています。
  • 間違っている、そのやり方をこれからも続けるでしょう。

更に、例えば、あなたの会社が

■高い技術力により画期的な商品、製品を開発し、たくさん売れている(独占市場)

■改善を徹底的に行い、ムダの無い工程で生産している

■徹底した品質管理活動で高品質製品を創出している

■ロボット、IoT、AIを駆使し、1個流しの完全受注生産をしている

こんなに、すばらしい商品、製品、サービス、活動を行っている会社でも、ちゃんと計算していないために、実は赤字少ない利益だったとしたら、あなたの会社の技術力、改善力、高品質、先進性、あなた自身の努力は、まったく意味がありません

書籍と本サイトでは、会社の目的である「儲ける」ために、

まずは「儲からない理由」を説明します。

次に、その儲からない理由となる、問題点の解決策を提示します。

更に、この解決策を実行に移すために必要なツールもご紹介します。
(ツールは本サイトで公開しています)

これにより、貴社の「儲かる」という受動的な偶然から、「儲ける」という能動的なアクション、活動に貢献します。

シェアする
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)