「AI」「IoT」「働き方改革」その前に、アプリで始める

AIIoTには「問題の見える化」や「問題、課題の解決」を期待していますね。

そのためには、

1.「AI」(人工知能)には、大量のデータが必要です。

2.そのために「IoT」で、データを収集します。

3.データを収集するためには、「センサ」や「IoT計測機器」が必要です。

4.「センサ」や「IoT計測機器」を生産設備や運搬車などに取り付けて、一定期間、データを収集します。

5.収集したデータを使用して、AIが解析できそうか、分析します。

4~5を繰り返した後、

6.解析用のデータを収集します。一定期間。

いつになれば、「IoT」「AI」が答えを出せるのでしょうか?

中小、中堅企業は手一杯

中小企業、中堅企業は現状の目の前の仕事、業務をこなすのに手一杯で、新しい取組みを行うための時間が足りません。

●現状のQCD確保で、手一杯。

●難しい「AI」を勉強、市場調査する時間はありません。

●自社の設備や問題、課題に合う「センサ」を調査、研究している時間はありません。

●前項の4~5を繰り返して作業する時間、工数はありません。

●前項の1~6のすべてを外部委託する「予算」はありません。

AI、IoT、働き方改革を始める前に、まずは、

誰が、何を、何分間、行っているのかを記録。

■人、作業者、スタッフが、どんな作業、仕事をしているのか

■その作業、仕事を、どのくらいの時間、行っているのか

を記録することから、始めることをお勧めします。

しかも、簡単に、費用を掛けずに、専任も必要なく始められます。

AIやIoTが無くても、

アプリの「Sagyo」があれば、

◎設備のチョコ停

◎ムダな作業

◎作業者間で作業の偏り(ある人だけ残業)

が分かります。

今すぐ、始めることができます。

アプリの「Sagyo」は、無料FREE

各作業者、スタッフが

1.2回のタップで作業を記録。

2.グラフ自動で集計、表示。(作業積上げグラフ)

3.パソコンでも保管、グラフ表示、集計表作成が可能
(改善前と改善後の違いが分かる)

稼働率向上、残業削減、人材不足解消に繋がります。(働き方改革)

それからでも

まずは、「会社の中でどんな作業が」行われているのか?

改善の目処」を付けてからでも、AI、IoTでも、遅くはありません。

アプリの「Sagyo」さえあれば、AI、IoTは必要ありません

シェアする
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)