金型、治具の「設計費」の算出方法

金型費、治具費を算出する方法の2回目です。

今回は前回の課題で記載しました「金型の設計費」の算出、回収について、記載します。

前回、金型費、治具費を算出するとは、原価計算を行うことで、「儲かる標準原価計算」で原価を算出すると説明しました。

「金型の設計費」も「儲かる標準原価計算」で計算します。

設計業務を「設計工程」として捉え、以下のように「工程加工費」として算出します。

工程加工費(円/個)= 設備費(円/個) + 労務費(円/個)

設備費 = 設備費レート(円/時間) × 設備の加工時間(時間/個)

労務費 = 労務費レート(円/時間) × の作業時間(時間/個)

金型設計費は、この「工程加工費」を「金型設計工程費」と考えます。

金型設計の設備費

金型の設計は通常、CADCAM(solidworksなど)を使用して設計していると思いますので、設備は、CADCAMのコンピュータです。

このコンピュータの取得価格1000万円と耐用年数で、減価償却費を算出します。

また、CADCAMのソフトウエアの有償バージョンアップ費用が発生する場合は、生産設備の修理費のように、年間の費用を見積ります。

これに、少額の電力料を追加して、金型の設計「設備費レート」を算出します。

設備費レート算出の詳細は「儲かる標準原価計算の設備費の算出」をご覧ください。

設備費レート算出の算出ツールは、「商品:儲かる標準原価計算」がお役に立ちます。

この設備費レートに、CADCAMを使用しての設計時間(CADCAM設備の使用時間:2日間など)を掛けて、金型設計の設備費を算出します。

金型設計の労務費

金型設計の労務費は、文字通り、設計者です。

設計者への支払労務費をベースに、「労務費レート」を算出します。

設計者の労務費なので、工場の現場作業者よりも高いレートになるのが、通常です。

「人の作業時間」は、設計者の設計に掛かる時間で、CADCAMを使用して設計している時間+αになるかと思います。

この労務費レートと設計時間を掛けて、金型設計の設計費を算出します。

労務費レート算出の詳細は「儲かる標準原価計算の労務費の算出」をご覧ください。

労務費レート算出の算出ツールは、「商品:儲かる標準原価計算」がお役に立ちます。

金型設計費

上で算出した設備費と労務費を加算して、設計費を算出します。

金型設計費(円/個)= 金型設計設備費(円/個) + 金型設計労務費(円/個)

今すぐ儲かる標準原価計算」で、金型、治具の「設計費」を算出する
シェアする
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)