トヨタも「原価」を最重要視。決算発表を経て。

トヨタ自動車重要している「原価」について、その内容をご紹介します。

5/9に東京本社で行われた、2018年3月期のトヨタ自動車決済説明会を経て、トヨタ社内や部品メーカーに対して発表された内容です。

キーワードは「原価低減」「原価の見える化」「原価意識」です。

トヨタの2018年3月期の連結営業利益は、4054億円。

2019年3月期の連結営業利益の見通しは、2兆3000億円だそうです。

この営業利益について、改めて「原価低減」の重要性経営陣が下記のように訴えています。

小林副社長、白柳専務

トヨタの行動の基本である「トヨタ生産方式」と「原価低減」に一人ひとりが、あらためて本格的に取り組む必要があります。既存業務の改廃とすべての費用をゼロベースで見直し、固定費削減を実現、高コスト体質からの脱却に向けた、収益構造改革をスピードアップしていきましょう!

豊田社長

たゆまぬ改善という「トヨタらしさ」があらわれはじめた決算。

自動車業界は100年に一度といわれる「大変革時代」に突入しています。
(中略)

大切なことは、すべての人がより自由に、安全に、楽しく移動できるモビリティ社会を実現するために、一番に役立つ技術を開発することだと思います。

トヨタの強みは「トヨタ生産方式※」と「原価低減」。この2つを徹底的に磨くことは、今を生き抜くだけでなく、未来を生き抜くために必要なことだと考えています。

「トヨタ生産方式」と「原価低減」についての説明

TPSの基本の1つに「原価主義より原価低減」があり、これは「原価に適正利潤を上乗せして販売価格を決める」のではなく「販売価格は、市場(お客様)が決める」という大前提のもと、「自分たちができることは原価を下げることだけ」という考え方。「原価」を見ることで、一人ひとりが「原価意識」と「相場感」を持ち、日常行動の中にある「ムダ」を徹底的に排除することを目指す。

解説

私は「その通り」すばらしい考え方だと思いました。

「原価低減」を行うためには、まず「原価を見る」ことから始まる。

この「原価を見る」ことこそが「原価計算」です。

トヨタは「原価計算」「原価管理」を徹底しています。

現場には「原単位」という呼び方で、製品1個の原価の明細が見えるようになっています。

これらの「原価」に対する取組みが、前段の営業利益につながっていると思います。

やはり、経営には「原価」「原価計算」が重要であることが分かります。

本サイトの「儲かる実際原価」で現状の原価を把握し、「儲かる標準原価」で原価を見える化した上で「儲かる改善」に取り組む必要があります。

儲かるために、今すぐ儲かる原価計算」を始めましょう。

シェアする
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)