自社の「原価計算」「原価管理」を確かめよう

自分の会社は、どうなっているのか?

自分の会社の商品、製品、サービスに、当てはめて見てください。

質問して確かめてみよう

自分の会社の社長、役員、経営企画、営業、経理..の人に、聞いてみてください

「うちの会社で作っている商品、製品Aは、幾らで出来ているの?」

「うちの会社で作っている商品、製品Aの実際原価は幾ら、何円?」

答えは、たぶん、

「売るときに算出した原価は△△円だけど、今、幾らで出来ているかは分からない」

「原価は算出しているけど、これが実際原価なのか分からない」

「原価も利益も算出しているけど、損益計算書の営業利益と合わないから」

ひどいと、

「儲かっている、利益が出ているから、分からなくても..」
「実際原価って何?」

という答えは、最悪です。

正しい答え 正解は。

正しくは

「先月、前年度の商品、製品Aの実際原価は、1個、△△円です」
且つ
「先月、前年度の商品、製品Aの利益、粗利は、1個、△△円です」
「先月、前年度の会社全体の利益、粗利は△△円です」

という答えです。

更に

「今年度は更なる成長、設備投資を行うために、△△円の利益が目標です」

「この目標利益を確実にするために、△△円の原価低減が必要です」

「そのために、商品、製品Aの加工方法、作り方を改善します」

「そのために、商品、製品Aを作っている、□□ラインの配置を変えて、多能工化を行います」

等々

すぐに始めましょう

この正しい答えを出せる人が会社、組織にいないと、儲かりません。
利益を確実に出せません。倒産のリスクが高いです。
原価計算、原価管理、利益計画が必要です。

儲かっている、利益が出ているなら、今のうちに、「原価計算」を始める必要があります。

儲かっていない、利益が出ていない会社、組織は、直ぐに「原価計算」を始める必要があります。

儲かる原価」を。

シェアする
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)