手軽に始める「作業分析」「IE分析」

工場の現場改善で時間が掛かる、作業者の「作業分析」

ずーと昔から現場で行われている改善で、IE(インダストリアル・エンジニアリング)や動態分析作業負荷分析などと言われ、作業者の作業内容を分析し、改善します。

そう。原価低減のためです。労務費改善です。

しかし、9割の企業がその改善で、どれだけ原価が下がり、どれだけ利益が増えるのか? ちゃんと、分かっていません。

これには儲かる標準原価計算が必要です。

さて、その「作業分析」、最近では、IoTとの関連で色々なツールが発売されています。

少し有名なのが、AGCと共同開発した「スマートロガー」という製品。

従来のビデオカメラ、ストップウォッチを使ったIE分析(作業時間分析)は、コストや手間がかかることが課題となっていましたが、この「スマートロガー」を使うと、作業者がスマートウォッチを装着し、工程開始前にスマートウォッチを工程ごとに設置したビーコンに近づけるだけで作業工程の実績(作業内容・時間)を自動集計することができるようになります。

ということです。

約1年半で、AGCグループ60工場以上、企業、大学、省庁40以上へ展開し、生産性向上、働き方改革に大きな成果を上げる。

確かに実績もあります。

しかし、「スマートウォッチ」や「ビーコン」など、コストが掛かる課題は解決していません。というか、大幅なコスト増です。

これらの機器への投資で、どれだけ儲かるのか?

投資対効果を、予め、計算する必要があります。

投資対効果の算出には「標準原価」が必要です。

儲かる標準原価計算を始めましょう。

今回、ご紹介する「スマホアプリ」なら、無料で」且つ手軽に」作業分析を始めることができます。

アプリの名は「Sagyo」。

Google Playからダウンロードした、その日から、始めることができます。

作業の記録も、たった2回の画面タップでOK。

スマホ以外に機器は必要ありません

他にサーバーも必要ありません

記録はスマホの中に保管しますので、データ通信も行いません

記録した作業の分析は、パソコンでも可能です。

まずは、無料で、やってみましょう。

今すぐ、ダウンロードして、作業分析を始めましょう。

シェアする
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)