利益、儲けを阻害している本当の要因

  • 利益が出ない、赤字
  • 利益が増えない
  • 儲からない

これらの利益や儲けを阻害している本当の要因は、何だと思いますか?

  • 売上が増えない
  • 稼働率が低い
  • 人員が多い
  • 費用が掛かり過ぎ

など、色んな要因が思い浮かぶと思います。

しかし、これらの要因は「現象」です。

本当の要因解決しないために起こっている、「表面的な現象」に過ぎません。

本当の要因

本当の要因一つです。

「原価計算を実施しない」

「原価計算を実施しなくてもよい」

と思っている、あなたの意思です。

少し分かり易く言うと、

「経営陣が会社に原価計算を導入しない」としている意思、方針本当の要因です。

これを「方針制約」と言います。「方針制約」は「TOC理論」でも知られています。

利益、儲けを阻害している=利益、儲けの制約は、あなたの間違った方針です。

解決策

解決策は、

「原価計算を行う」

「原価計算を会社に導入する」

ことです。

社員に「原価計算を会社に導入しよう」と、方針を示すだけです。

その際に、本サイトの儲かる原価計算を見るように指示します。

今すぐ、出来ます。

今すぐ、優秀な社員に、電話しましょう

原価計算で解決

さて、上の「要因」と思っていた「現象」について、改めて見てみましょう。

■売上が増えない

価格(見積り)がムダに高いかもしれません。
原価計算を行い、製品、商品1個の原価をちゃんと把握します。
限界利益を把握し、競合との価格競争に勝ちます。

■人員が多い

原価計算を導入していれば、利益への影響や人員増に対する効果(投資対効果)が見え、新規雇用を抑制できていたかもしれません。

■費用が掛かり過ぎ

原価計算を行うと、どこの工程で、何の費用が、どれだけ掛かっているか、工程別に見えてきます。

その他の現象も同様に「原価計算」で、解決できます

上記以外にも「原価計算を行わない」要因の「現象」は一杯、あります。

最後に、もう一度

利益を増やす、儲けるために「やるか」「やらないか」です。

方針を示すだけです。

原価計算をやるための「やり方」「道具」は、本サイトにあります。

今すぐ、始めましょう。

今すぐ、始めることが出来ます。

シェアする
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)