ロボットの操作は簡単!! 講習会にて。

DENSOの産業用ロボット「垂直6軸 多関節ロボット」の研修(RC8コントローラ)に行ってきました。

研修用に一人に1台のロボットが提供されます。

今後益々、お客様からの受注確保、競合他社に勝つためには、原価低減、競争力向上が必要です。

その一つの手段として「自動化」があります。

人の手で作業していた事を「ロボット」を使って、「自動で、速く、安く」生産します。

研修の主な内容(2日間)は、

1.ロボット、コントローラ、ペンダントの構成と構造

2.ペンダントによるティーチング(ロボットへの動作指示)

3.パソコンによるプログラミング(ロボットへの動作指示)

です。

「6軸 多関節」ということで、6個のサーボモーターを制御するのは、すごく複雑かと思いましたが、それを意識しないくらい簡単でした。サーボモーターはロボット側で制御してくれます。

プログラムもマイクロソフトのVB(VisualBasic)に似て作られていますので、VBをご存知の方は、直ぐにプログラムが理解できます。

「知らないだけで、実は以外に簡単だった」ということは良くありますね。

皆さんもロボットの導入に挑戦されては、いかがでしょうか。

本当に、「速く、安く」なる?

ところで、人の手で作業していた事を「ロボット」に置き換えると、本当に、「速く、安く」なるのでしょうか?

その答えは「儲かる標準原価計算」を導入すると分かります。

「儲かる標準原価計算」を使用して、人作業の労務費減少とロボットの投資、作業時間による加工費を比較することで、ロボット導入の有効性を判断、評価することができます。

というか、標準原価が無いと、ロボット導入で「何が、どの程度、良くなったのか」が分かりません。もし、効果が無かったとすると無駄遣いですし、これを繰り返していると赤字、倒産の危機になります。

シェアする
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)