赤字になってからでは遅い

皆さんの会社は、今、儲かっていますか?

営業利益率は、5%以上ですか?

人は皆、儲かっている、利益が出ていると、直ぐ「安心」してしまいます。

安心は「改善」や「改革」の妨げになります。

あなたの知っている儲け、利益は、 今の会社の実情と大きくかけ離れています。

また、利益を管理、コントロールしていない現状では、今の儲け、利益は「偶然の産物」です。

[記事]会社経営の間違った利益(問題編)

儲かっている時こそ、利益が出ている時こそ「改革」が必要です。

改革」を実施し、社内の標準的な業務として根付かせるには、時間が掛かります

今すぐ、少しずつでも始めることが賢明です。少しずつなら社員の負担も少しで済みます。

赤字になってからでは、黒字に挽回するために一生懸命で、「改革」が進みません。

本サイトのツールが無いと、黒字への挽回策、赤字の対策も見えてきません。

良い商品を開発、良い工程の設計、高品質のものづくりでも、儲からないと全く意味がありません

それどころか、新規開発、新設計、品質向上活動を開始している時点で、赤字が確定している可能性があります。

今すぐ、本サイトの理論(儲かる原価)ツールを導入しましょう。

シェアする
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)