ネットご支援 メール支援の事例

ネットでご支援」って、どんな感じでやるのか?

メールでの支援内容、質疑応答の事例をご紹介いたします。

弊社への支援の依頼に迷われているようでしたら、払拭できましたら幸いです

以前、ご支援しました、ある会社のご担当者と私、右井とのメールでのやり取り(一部)、ご支援の内容です。

メールですと、やり取りの記録が残ります。

弊社の商品メール添付で交換できますので、お互いに実物を見て、質疑応答ができ、便利で確実、早期解決です。

右井仁晶
右井仁晶

それでは、本日から完成まで、よろしくお願いいたします。
早速ですが、弊社商品の標準原価ツールである、
Excelシートの1~6のコスト情報を収集し、入力してください。

よろしくお願いします。コスト情報の収集を始めます。
通常業務をやりながらの作業になりますので、
数日、お時間をください。

A企業の担当 田中様
A企業の担当 田中様
右井仁晶
右井仁晶

私は時間が掛かっても大丈夫です。
田中様の時間のある時に、出来る範囲内でご対応ください。
また、ご質問は、いつでも何回でも、お気軽にメールください。

 前回のメールから、2日後

入力内容に不安がありますので、確認をお願いします。
稼働時間と工程情報は、添付の内容でよろしいでしょうか?
儲かる標準原価計算.xlsmをメール添付

A企業の担当 田中様
A企業の担当 田中様
右井仁晶
右井仁晶

稼働時間は問題ありません。
工程情報が重複して入力されています。
このシートは、製品毎の工程ではなく、単純に工程を入力します。
工程の順序は、後程、価格設定や見積りの段階で意識します。

 前回のメールから、数日後

シート8まで入力し、計算しました。
標準時間が心配です。
単位ですが、同じ製品でも10個で販売する場合と、
1000個で販売する場合がありますが、
どのように入力すれば、よろしいでしょうか?
儲かる標準原価計算.xlsmをメール添付

A企業の担当 田中様
A企業の担当 田中様
右井仁晶
右井仁晶

標準時間と単位に共通して回答いたします。
標準時間は、「ある工程で製品Aを1個、生産するのに掛かる時間」
を入力します。
従いまして、工程と製品の組合せ、パターンで入力します。
また、販売は10個や1000個でも、原価計算は1個単位に計算します。
これで、1個~10万個など、いつでも販売数を変えて販売できます。
入力例として、標準時間を幾つか入力し、添付しました。
対象製品の標準時間を確認し、入力し直してください。
儲かる標準原価計算.xlsmをメール添付

 前回メールの翌日

標準時間が理解できました。
段取り時間ですが、設備が停止中に段取りをしています。
この場合、設備の停止時間=人の作業時間で合っていますか?

A企業の担当 田中様
A企業の担当 田中様
右井仁晶
右井仁晶

段取り時間は、その考え方で大丈夫です。
ちなみに、設備を停止しないで、人が段取りの作業をした時間は、
人の作業時間に含めます。

 前回のメールから、数日後

標準原価が完成しましたので、
確認をお願いします。
儲かる標準原価計算.xlsmをメール添付

A企業の担当 田中様
A企業の担当 田中様
右井仁晶
右井仁晶

添付いただきました標準原価の内容で
問題ないと思います。
お疲れ様でした。

納得のいく製品別、標準原価が出来ました。
次に「戦略的な価格設定」もご支援いただきたい
と思いますので、ご支援の見積りをお願いします。

A企業の担当 田中様
A企業の担当 田中様

 前回メールのすぐ後

この後、支援料金の見積りをご提示し、「戦略的な価格設定」の活動に移行しました。

もちろん、完成した標準原価を使用して、価格を戦略的にシミュレーションします。

シェアする
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)