IoTの前に、やる事があります

IoTの未来

新聞、テレビ、webなど、メディアで「IoT」や「第4次産業革命」の言葉を聞かない日はありません。

確かに、現場、工程の情報の多くが、パソコンやタブレットでリアルタイムに分かれば、革命になるかもしれません。

革命の未来予想[例]

今月は1000個などと生産計画は必要無くなり、注文がインターネットから入力された時点で、直ぐに各設備が段替えを自動で行い、生産、加工が終わったら、ロボットが次の工程、設備に運んで、最後にはトラックから運ばれ、注文した物が届く、1個ずつの受注生産になる。

これは、自動化による、生産計画、生産管理、在庫管理、現場作業者の人員削減、人手不足の解消となります。

こんな世界が直ぐにできます。

やっている会社もあります。

お金と時間が必要

但し、「お金」と「時間」があれば、の話しです。

現実は、直ぐにできません

中小企業は、1ライン、1工程も出来ません。

そもそも、IoTで、本当に儲かるのでしょうか?

人員がロボットや自動化装置、IoT機器に変わると、幾ら儲かるのでしょうか?

今、必要なのは

中小企業が、今、必要なのは、経営の実態、実状を把握することで、会社の現状把握です。

IoTも現場、工程の現状把握が目的です。

IoTでの現場、工程の稼働状況」把握の前に、「儲かる原価計算」で

●各工程の原価

●生産品目毎の利益

の現状把握を行う必要があります。

IoTを導入した場合の投資対効果も、事前に分かるようになります。

IoTは、時間とお金が掛かる割に効果が少ないです。

儲かる原価計算」は今すぐに、安く、簡単に始めることができます。

今すぐ儲かる実際原価計算始める

シェアする
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)