「IoT」とは

モノのインターネット

なんじゃ、そりゃー。意味が分からん。
誰だっ。 最初に名付けたのは?

「Wikipedia」を見ると、余計に分からん。
私も最初はそうでした。

ただ、

ドイツ政府は「産業革命」だと。(インダストリー4.0)

国際規模の推進団体もあるみたい。
(IIC(インダストリアル・インターネット・コンソーシアム ))

その位、大きなこと。規模が大きいのは分かるけど。

簡単に言うと

まぁ~

何でもかんでも、インターネットに繋げてしまう

ということですね。

家庭では、冷蔵庫やエアコン、テレビ、風呂がインターネットにつながる。
もう、繋がっている商品もある。
これは、各機器にLANケーブルか、Wi-Fiのアンテナが付くということ。(当然か)

会社では、生産設備がユーティリティが、デスクが、等々、インターネットにつながる。

何がいいのか?

  • 家庭や会社では、インターネットにつながると、何がいいのか?
  • 会社では、インターネットにつながると、儲かるのか?
  • どうして儲かるのか?
  • 本当に儲かる?
  • 本当に産業革命?
  • 「儲ける原価」との関係は?
  • どうして、今、できるようになったのか?

その答えは、次回以降で。

ちなみに

この辺の話しになると、

「AI(人工知能)」「自働化」「ロボット」

なども、関係してくる。

お察しの通り、インターネットに繋いだだけでは、何も起きないからだ。
この辺も、追々、やさしく解説していきたいと思います。

シェアする
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)