すべての中小企業が「儲かる」ために
あなたの仕事、会社が「進化」する

トヨタ生産方式、アメーバ経営、TOC理論、ERP、IoT、AI よりも最優先事項

「中小企業で働く、全ての人が幸せに」

儲かる原価

量産製品から金型などの一品物まで、原価、価格、真の利益が明らかになる。
「儲ける」ためだけを考えた原価計算。
実際の実務で使える原価計算の理論、考え方です。
不要な業務を排除し、誰もが簡単にできる原価計算です。

商品のご案内

こんなに簡単。誰でも出来る
 「原価計算・見積り」ツール。
説明書(~54頁)と見積書フォーム、算出例が付いています。
原価と損益、グラフ、価格は自動で計算。

計算式も自由に変更できます。

ネットでご支援

一緒に、原価計算を完成させましょう。
原価をベースに販売価格の決定、損益管理、投資対効果のご支援もいたします。
コロナ禍だから、時間と場所を選ばない、チャット形式のご支援
だから「低料金」
「ココナラ」にてご提供。

※損益計算書、会計ソフトは、経営判断に使用してはいけません
下の4つの疑問、経営課題を解決できます

これらの課題を、ツール「儲かる原価計算」が全て解決します

ツールで解決する具体的な方法付属の説明書(PDF)にてご覧ください。

商品・ツールが新しくなりました
儲かる個別原価計算

一品物も戦略的に

金型、試作品、小ロット製品
「一品物」の原価と価格
製品別損益、設備投資の分析

      

    990円(税込)/月

    儲かる実際原価計算

    経営の現状把握

    貴社の実態を表す
    「真の営業利益」
    製品別、客先別に損益分析

        

      990円(税込)/月

      儲かる標準原価計算

      戦略的な経営を実践

      受注と利益を確保するには?
      儲かる販売価格、設備投資の
      意思決定に必須のツール

          

        990円(税込)/月

        儲かる標準原価計算

        プロセス産業向け

        受注と利益を確保するには?
        儲かる販売価格、設備投資の
        意思決定に必須のツール

            

          990円(税込)/月

          ※ご使用にならない月は、料金が掛かりません。

          ツール導入のご支援をいたします
          あなたが知らない「」の利益とは..
          すべてのビジネスマン、経営者にお届けする「真実
          1.「儲からない」には 理由 があります
          2.「儲かる」ための 解決策 があります
          3.解決策を「実行」する ツール があります
          4.ツールを活用した「儲ける」を ご支援
          書籍のご案内

          本サイトの書籍のご案内です。ビジネスに必須の知識を手に入れましょう。

          多くの皆様にご購読、ご購入いただきまして、誠にありがとうございます

          次は、ツールを活用した実践ですね。「大変だな~、面倒だ」と思ったら、是非、ご支援させてください

          新着情報・儲かるブログ

          「損益計算書」は捨てろ

          会社が儲からない理由の一つに「損益計算書」の存在がある。
          「損益計算書」が必要ない理由を記載しています。
          これは私だけが言っている事ではありません。原理原則です。

          原価計算の必要性

          原価計算が必要な理由を「簡単」に説明します。
          あなたの仕事、あなたの会社の経営に必須の内容です。
          誰もが必ず、納得していただける内容だと思います。
          今すぐに原価計算を始めましょう。

          原価計算の始め方

          原価計算を始める、はじめの一歩について、説明します。
          原価計算の情報を、どこから、どんな形で集めるのか、無料ダウンロードのExcelシートを使用して説明します。
          誰もが簡単に始めることができます。

          「経営管理」とは

          「経営管理」とは、どういう事を言うのか。
          経営管理上、どれを優先して管理すべきなのでしょうか?
          正しい経営管理とは。
          正しい経営管理を実行するには。

          金型や試作品 一品物

          金型、試作品、小ロット製品の原価、見積方法のご紹介です。
          量産品とは異なり、一品物の見積りはどうすればいいのか?
          金型費のサンプル見積書がダウンロードできます。

          購入価格の査定

          購入品の価格は安いのか、高いのか?
          見積りは取ったけど、1円でも安く購入したい。
          当然、下請法は遵守。
          材料費、外注加工費を削減するには?
          調達、購買を担当されている方、必見
          査定購買の答えとツールがここにあります。

          シェアする