中小企業で働く全ての人が幸せに

中小企業は損をしています。もっと、儲かります。

これは初めから、ずっと言い続けている「儲からない3つの理由」だからです。

百歩譲って「会社が儲からないだけだろ」という方もいるかもしれませんが、そうではありません。
そこで「働く全ての人」の「幸せ」が損なわれています

人の「幸せ」には「労働による収入」がありますが、付け加えると「誰かの役に立つ労働により、収入が増える」ということが、「幸せ」に繋がると思います。

しかし、

 ・深夜まで掛かる新製品の設計開発
 ・過剰品質の品質保証の仕組み作り
 ・注文数の変更大で、生産計画の作り直し
 ・交代勤務で夜中も仕事
 ・TPSでも効果が少ない現場改善
 ・残業し帰宅後に、家事や育児
 など、

肉体的、精神的にも大変な思いをして働いています。
中小企業で働く全ての人、私の妻もそうです。私も経験してきました。

みんな、一生懸命に働いているのに、会社は儲かりません。

赤字少ない利益では、「何のために苦労して仕事をしているのか?」となり、益々、仕事が嫌になります。

自分の仕事は「役に立っていない」と、思ってしまうからです。

当然、給料やボーナスは増えず、福利厚生も良くなりません。

多くの経営者、経理、営業の方は、「なぜ、儲からないのか」その理由、事実を「知らないだけ」です。

薄っすら、気付いている方々も「どう解決すればいいのか」分かりません。

解決方法が分からない、ツールが無いため、気付いている問題を上司や経営層に言えずにいます。
問題を訴えても、「で、どうすればいいんだ」と聞き返されるからです。

私は、それが許せないのです。

私は、すべての中小企業に伝えたい「儲からない理由」と「解決策」「ツール」があることを。

そして、中小企業で働く全ての人の幸せ
「誰かの役に立つ労働により、収入が増える」
に貢献したい。

シェアする
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)