会社はどうすれば「儲かる」のか

会社は、どうすれば「儲かる」のか?

と質問されたら、

あなたなら、どう答えますか?

  • 社長なら、利益を出す
  • 工場長や現場管理者なら、稼働率を上げる
  • 営業なら、商品、製品を沢山、売る
  • たくさん作る、加工する、生産する
  • 改善する、原価低減する
  • がんばるしかない

あなたの役職、役割、立場、所属によっては、
会社」を、
「事業所」、「工場」、「事業部」、「組織」
などに、読み替えてください。

どれが、正解でしょうか? どれも、正解でしょうか?

答えは、本サイトの中にあります。

あなたの会社、組織の「儲かる」答えを見つけ出すツールも、本サイトの中にあります。

儲かるツール儲かる実際原価計算」で答えを見つける
  • 儲かっている、儲かっていない商品、製品が分かります。
  • 儲かっている、儲かっていない工程、設備が分かります。
  • 利益の内訳、構造が分かります。
  • 儲かっていない、製品、工程を改善しましょう。

私は提言します

●良い商品、製品を開発して出図しても、儲からないと意味がない。

●良い設備、工程、ラインを作っても、儲からないと意味がない。

●よい品質、短い納期で納入しても、儲からないと意味がない。

●改善しても儲かっていないと、意味がない(反対に損をしているかも)。

損益計算書では、儲かっているのか、分かりません。

一生懸命に、開発して、工程を作って、品質を保証して、改善しても、儲からないと意味がありません
というか、儲からない = 損をする = 倒産です。

みんな一生懸命に働いて残業して、家族との時間を削って働いてるのに、儲からないなんて許せません。
みなさん その仕事、本当に「儲かる」に貢献していると思いますか?

今すぐ、儲かるためのツール「儲かる実際原価計算」を使う

大事なことは

理論、理屈で終わらない、実際に実務で使える

「理論、理屈」だけなら、

  • 本屋、amazonに行って本を読めばいい。
  • 学校、研修、セミナー(有料)に行って勉強すればいい。
  • 本サイトで情報収集、勉強すればいい。是非。
実際の会社や現場は、一般論の理論、理屈の通りではありません
現場は、その通りにいきません。

なぜなら、現場や実務では、

  • 本当に必要なものだけを使用します。
  • 理論や書籍、教科書に載っていないものが、いっぱいあります。
  • 難しい理論、理屈、数式は、理解できません。
  • ムダなこと(理論通りにやっても、効果が少ないこと)はしません。
    効率を重視します。
真の「実務で使える」とは、実務で使える理論をベースに、
実際に手を動かして使う道具やツールがあることです。
当然ですが、勉強したこと、調べたことは、実践できるから意味があります。

本サイトには、基本から始まって、実際の現場、実務で使える(使っている)、「儲かる」ための理論と道具、ツールがあります。

■実務で使える理論儲かる原価計算

■実務で使えるツール儲かる実際原価計算

本サイトの対象者

「儲ける」「儲かる」に興味のある方、全員です。

  • 勉強中の学生さん(資格を取得して実務で使うため)
  • 自己啓発や会社からの指示で勉強している会社員
  • 現場で働く作業者、管理者
  • 経営企画部、原価管理部、経理部、営業部の方々
  • 中小企業、一部上場企業の社長さん、役員さん

特に、中小企業で

  • お客様に提出する、見積書の価格の決め方
  • 原価計算、実際のコストが分からない
  • 儲からない、利益が出ない、赤字

に困っている会社、担当者の方には、実践、実務で使える道具、ツールを提供します。

まとめ

  • 本サイトでは、原価計算の基本と実務で使える原価計算の考え方と、そのツールをご提供します。
シェアする
スポンサーリンク
レクタングル広告(大)